1. HOME
  2. 学校紹介
学校紹介
瑞穂中学校
 本校は昭和33年9月1日、西郷中学校・大正中学校を統合し瑞穂中学校として創立。創立64年目を迎えた。生徒数117名、学級数4学級(特支学級:休級)。雲仙岳を遠くに望み有明海の風を編み、農漁業を主産業とする温厚な土地柄に育つ生徒たちは、純朴な気風である。
 学校教育目標「ふるさとを愛し心豊かでたくましい生徒の育成」を掲げて、めざす生徒像「思いやりがあり 感謝の心をもつ生徒」「自己の生き方を考え 主体的に学ぶ生徒」「自分に厳しく 根気強く心身を鍛える生徒」の具現化に努めている。令和3年度の合言葉「瑞穂 LASER 完結」を掲げ、より良い瑞穂中をめざしている。
 生徒と教職員そして保護者・地域が同じ方向を向き、学校教育目標を達成するため、スクラムを強固にしながら、かけがえのない充実した1年を過ごしていきたい。
添付ファイル
600×450写真.jpgを開く,又は保存する 600×450写真.jpg
(JPEG イメージ:258.7KB)


ごあいさつ
雲仙市瑞穂町は、校歌に「岩戸の山の真清水に」とあるように、豊富な清水に恵まれ「実り豊かな美し稲」が育つ農業と漁業を基盤とした地域です。
温和な素晴らしい自然環境の中で育つ本年度の生徒数は120名で、学級数は通常学級5学級、特別支援学級2学級の合計7学級です。コロナ禍での教育活動が続きますが、生徒たちと教職員19名が一緒になって困難を克服し、前へ進んでいきたいと考えています。また、そのためには、保護者及び地域の皆様の中学校へのこれまで以上のご理解とご協力が必要です。どうぞ、よろしくお願いいたします。

雲仙市立瑞穂中学校
校 長 柏原 哲郎
ごあいさつ

教育目標
教育目標
【学校教育目標:『ふるさとを愛し 心身ともにたくましく 主体的に学ぶ生徒の育成』】

【めざす生徒像】
○自分に厳しく 根気強く 心身を鍛える生徒
○思いやりがあり 感謝の心を持つ生徒
○自己の生き方を考え 主体的に学ぶ生徒

学校教育目標の実現に向けて

学校教育目標の実現のために、めざす生徒像をそれぞれがイメージできるより身近な言葉(キーワード)に置き換え、それを意識した学校生活を生徒たちに送らせることにより「めざす生徒像」の具現化から学校教育目標の実現を図る。

○自分に厳しく 根気強く 心身を鍛える生徒 ⇒ 「気合い」
○思いやりがあり 感謝の心を持つ生徒    ⇒ 「愛」
○自己の生き方を考え 主体的に学ぶ生徒   ⇒ 「夢」

キーワード:【気合いと愛と夢】
生徒玄関

校歌
校歌



しののめ匂う 雲仙の
雄姿に若い 理想あり
岩戸の山の 真清水に
ひびきも清く 学び合う
瑞穂中学 誇りあり


稔りゆたかな 美し稲の
穂波にあすの 栄えあり
おお恵まれた この土に
明るく今日も 磨き合う
瑞穂中学 誇りあり


進取の気性 ひるみなく
学び行う わが教え
見よ有明海の 果て遠く
校風高く かおりゆく
瑞穂中学 誇りあり
作詞 島内 八郎  作曲 木野 普見雄


再生ボタンをクリックすると、校歌が流れます。




5974人目